スポンサーリンク

こんにちは。
管理人の春紫乃です。

肝斑というシミを聞いたことがありませんか?

厳密にいうと通常のシミとは異なります。
女性にとってはどちらにしても、何とかしたい不要なものですよね。

 

この「肝斑」を何とかするにはどうしたらいいのか、調べてみたところ、ビーグレンの

Qusome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9がいいようなんです。
これは見逃せない情報ですよね!

 

そこで今回はQusome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9がどのように肝斑に作用してくれるのか、調べてみました。

 

▽今なら期間限定プレゼント&スター2つもらえちゃうキャンペーン実施中▽

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

肝斑とはどんなもの?

肝斑とはシミの一種なのですが、通常のシミよりも治りにくく、原因、治療法は通常のシミとは異なります。

 

肝斑の特徴とは?

肝斑が出るのは主に左右対称、同じ大きさ、頬骨あたりに出現することが多いです。
また、広範囲にわたり、輪郭がボヤッとしたシミで、口元や額にも出ることもあります。
ただし、目周辺にできることはないです。

 

肝斑ができる原因とは

通常のシミの多くの原因は紫外線と言われていますが、妊娠、経口避妊薬がかかわることもありますし、ストレスによって女性ホルモンが刺激されることによって、肝斑ができることがあります。
その他にも外的刺激によるものでも起こりえます。

 

他のシミと同時に発生することも

シミにもいろいろ種類があります。
日光黒子、そばかすなど、様々なものがありますが、肝斑は他のシミと同時に発生することもあります。
また、シミの下に肝斑ができていて気付かないなんてことも…。

 

飲み薬で改善することが多い肝斑

肝斑の治療薬として使用されるのがトラネキサム酸という薬です。
主成分はトランシーノⅡで、2カ月かけて改善していきます。
ただし、こちらは肝斑向けの治療法になります。

 

 

肝斑だけでなくシミも改善するのがQusome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9

上記で説明した通り、肝斑は他のシミの下に隠れて発生することもあります。
肝斑だけの治療、それぞれの普通のシミの改善など分けて行うとお金も時間も多くかかりますよね。
そんな悩みを解決してくれるのがQusome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9なんです。

Qusome(キューソーム)ホワイトクリームのハイドロキノンの濃度は1.9となっていますが、効果は4%のものと同等だといわれています。
それというものQusome(キューソーム)というビーグレン独自のテクノロジーを使っており浸透力が高いため、濃度が低くても効果がしっかり出るからなんです。

 

つまりは安全性は高いのに効果はMAXで出してくれるということなんです。
これは使わないと損!という気がしますよね。

 

詳しくハイドロキノンについて知りたい方は、Qusome(キューソーム)ホワイトクリーム1.9の口コミと評判は?をご覧ください。
こちらに詳しく説明しています。

 

ホワイトクリーム+トランシーノ2美白サプリもおすすめ

肝斑をしっかり治したいという人はQusome(キューソーム)ホワイトクリームにプラスして、トランシーノ2美白サプリというものを服用するのがおススメです。
こちらには上記で説明したトラネキサム酸が配合されているので、肝斑にも効果的です。

 

まとめ

皆さん、いかがでしたか?
Qusome(キューソーム)ホワイトクリームは肝斑にも効果があることがわかりました。
肝斑というのはかなり治りが悪いので早めにスタートした方がよさそうです。

 

また、Qusome(キューソーム)ホワイトクリームだけでなく、トランシーノ2美白サプリをプラスすると効果が高くなるようなので、一緒に使える人は使った方がいいかもしれませんね。
肝斑で悩んでいるならすぐ行動を起こした方がいいですよ!

 

トライアルセットならセットで1,800円、送料無料、返金保証付きで試せちゃいます。

 

▽今なら期間限定プレゼント&スター2つもらえちゃうキャンペーン実施中▽

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

 

ブログランキングに参加しているので、応援していただけたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク